トップページ → チアシードの栄養吸収

チアシードの栄養吸収

チアシードは中南米で栽培される植物であり、チアシードは食べ方次第で栄養の吸収も変わります。チアシードの栄養は吸収されやすいのでしょうか。チアシードは生で噛んでしまうと大変危険な食べ物です。チアシードは発芽毒を持っているので生で食べると危険です。

 

発芽毒は10倍の水に12時間以上つけておくだけでなくなるので砕いたものを水につけておくのが効率のいい食べ方となります。チアシードのチアに含まれている成分は酸化しやすく熱に弱いので加熱する料理などに含めて取り入れてしまうと栄養が減ってしまいます。

 

なので火を通すことは栄養分を減らすことになるので注意が必要です。チアシードは基本的に生で食べますが生の状態でチアシードを砕いたものを10倍の水に12時間以上よく浸した上で冷たいものにトッピングとして活用することがおすすめな食べ方となります。

 

ヨーグルトやアイスクリーム、ゼリーやプリンと混ぜて食べても美味しい味わいになりますしサラダやお料理にも活用しやすいのが特徴です。お料理でも火を通してしまうと栄養が減るので加熱料理はおすすめしません。また、料理でもせっかくの栄養を飛ばしてしまうより料理の仕方

 

例えば粉砕したものを水で戻した上で冷たい料理にかけるなど冷たい料理との組み合わせによる料理をすることが大切です。また、ミキサーを使えばフルーツジュースもできるのでそこにチアシードを混ぜて飲み物として活用したりとチアシードを使ったバリエーションは豊富です。